キャッシング
お金についてもっと知りたいと思いませんか?億万長者を一緒に目指しませんか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は何位になったかな?
⇒人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとう。






退職金、受け取り方で税金どう変わる?

 会社を退職し、退職金の75%に当たる750万円を受け取りました。25%に当たる250万円は、将来年金で受け取るつもりでしたが、一括支払いの請求をすることも考えています。退職金を年金で受け取る場合と、一括で受け取る場合では、税金はどのように変わりますか?(K.I 45 東京都)
年金で受け取ると「公的年金等の雑所得」、一括で受け取ると「退職所得」となります

 退職金の一部を年金化し、残額を一時金として受給する場合、年金は「公的年金等の雑所得」、一時金は「退職所得」となります。

 年金で受け取った場合、同じ年に受け取った厚生年金や国民年金(基礎年金)、他の勤務先の退職年金など「公的年金等」に該当するものを合算し、その金額に応じて計算される「公的年金等控除額」を控除した金額が課税対象となります。

 ご質問のように、すでに一部を退職金として受領した人が、年金の受給開始前に残りを一括受領した場合の受領額は、はじめに一時金の支払いを受けた年(ご質問の場合は退職した年)の退職所得となります。この場合の課税対象は、最初にもらった750万円と一括請求して支払われた金額を合わせた金額から、勤続年数に応じた退職所得控除額を控除した金額の2分の1です。

 退職所得は、源泉徴収されている場合は申告不要ですが、申告することにより還付を受けられるケースもあります。

 年金で受け取る場合は、その他の収入や公的年金等がいくらあるかによって税額が変わり、一括で受け取る場合は、退職金を受け取るまでの勤続年数や退職した年の年収により税額が変わってきますので、税金という面でどちらが有利かは一概に言えません。具体的な検討に際しては、税理士にご相談になることをお勧めします。(東 富士子・税理士、社会保険労務士、CFP)
(2009年2月16日 読売新聞)





いつも応援ありがとう。
人気ブログランキングへ
ブログセンター
Ranking!
にほんブログ村






彼女が喜ぶ!エステギフト券
業界初ASP型VPN!GMOどこでもLAN

宅水便のキララ・無料お試しキャンペーン実施中!!

おすすめネット証券リスト

キャレント





お金について勉強する。トップページへ戻る!






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yodare390.blog14.fc2.com/tb.php/807-22a76023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。