キャッシング
お金についてもっと知りたいと思いませんか?億万長者を一緒に目指しませんか?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は何位になったかな?
⇒人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとう。





介護ベッドのさくや手すり(グリップ)でお年寄りらが死傷する事故が相次ぐ中、経済産業省は20日から日本工業規格(JIS)の規定を強化することにした。手すりの規定を新設したり、さくなどのすき間に一定の力をかけても頭や首が入り込まないようにしたりする。

 経産省には07年5月以降、さくや手すりによる死亡事故が11件、重傷事故が14件報告されている。今年度は手すりの規定をつくり、さくの規定見直しは09年度の予定だったが前倒しした。ただ、JISは任意の規定で強制力はない。

 介護ベッドは構造上、二つのさくの間や頭部ボードとさくの間などにすき間ができる。これまでは「60ミリ以下」と、すき間の寸法だけを定めていたが、頭や首が入り込む事故をなくすため、「直径6センチの円柱を約5キロの力で押しても入り込まない」と改める。手すりについては「上から75キロの力、横から50キロの力をそれぞれ10回繰り返しかけても壊れない」などと性能を定める。

 手すりに衣服の襟首部が引っかかって首が絞まる事故や、手すりのすき間に頭などを挟む事故も起きており、メーカーにそうしたリスクを分析して設計に反映させることも求める。

 介護ベッドの注意点などの情報は、日本福祉用具・生活支援用具協会のホームページ(http://www.jaspa.gr.jp/index.html)で。





いつも応援ありがとう。
人気ブログランキングへ
ブログセンター
Ranking!
にほんブログ村






彼女が喜ぶ!エステギフト券
業界初ASP型VPN!GMOどこでもLAN

宅水便のキララ・無料お試しキャンペーン実施中!!

おすすめネット証券リスト

キャレント





お金について勉強する。トップページへ戻る!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yodare390.blog14.fc2.com/tb.php/839-02bba9e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。